ドメスティックバイオレンスの被害から逃れるため

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ドメスティックバイオレンスの被害から逃れるため
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ドメスティックバイオレンスの被害から逃れるため別れさせ屋工作実態調査

ドメスティックバイオレンスによる被害者数は年々増加しています。2001年に施行されたDV防止法により犯罪として罰せられます。以前は夫婦の間にドメスティックバイオレンスが無かったわけではありません。

亭主関白と言われていた時代からエスカレートし、自分の思い通りにいかないと殴る、怒鳴るといった人が増えてしまいました。妻は一歩引き夫を立てるという風習は変わり、働く女性が増え男女平等という社会に変わりました。

それにより力で押さえつけようとするドメスティックバイオレンスの被害が浮き彫りになったのです。
夫婦間だけではなく彼氏からのデートDV、女性によるドメスティックバイオレンスの男性被害者も増えています。なかなか別れられずに困っている場合は別れさせ屋に相談するのも解決の一つです。

第三者である別れさせ屋は相手に知られることなく自然な形で別れることができます。接点が無いため安心して別れさせ屋にお願いすることができます。